FileMaker

サービス概要

【画像】
【画像】

FileMakerは、チームでも組織でも使える、最先端の使いやすいビジネスデータベースソフトウェアです。
当社は、創業黎明期からFileMakerソリューションの開発・サービスを提供してまいりました。
2010年3月から、FileMaker社からFBA(FileMaker Business Alliance)に認定されました。

FileMaker関連サービス

FileMakerに関するお問い合わせ

FileMakerに関するお問い合わせはこちらからお願いします。

FileMakerソリューション開発会社としての実績/事例

要望調査システム

【画像】
要望調査システムイメージ

日本国政府に対する途上国政府からの援助要請内容を把握するために、援助対象国に対してヒアリング(要望調査)が実施されています。各海外拠点で取り纏められる援助要請案件を効率的にデータ集積し、国内本部における多角的な検討、関係機関との情報共有、途上国政府への通知まで、多岐にわたる業務を効率化するための一連のシステムです。

構造的な複雑さ、取り扱うデータ量としては基幹システムに匹敵する規模となりますが、FileMakerの特長を最大限活かし、簡便な操作性を実現し、頻繁に発生する仕様変更への柔軟性を兼ね備え、事業を全面的に支援しています。また、国内及び海外拠点からアクセスが可能な環境を構築し、システム規模及び運用規模の両面においてFileMakerシステムとしては最大級の業務システムとなっています。

利用シーン
文書管理、海外拠点とのデータ交換、本部でのデータ集約、短納期の改修、FileMakerをインストールせずにシステムを利用

利用技術/形態
FileMaker Server構築、Active Directory連携、ランタイム、リモートデスクトップ、pdfファイル取り込み

施設管理システム

【画像】
施設管理システムイメージ

FileMaker Pro5.5で構築された旧システムの仕様分析を行った上でFileMaker Pro11で新規構築を行いました。

施設を利用する団体登録、施設の予約管理といった基本機能の他に、施設利用に関する多様な帳票にも対応しました。人数の集計及びレポート機能も備え、施設の利用状況を把握することができ、施設の運営方針に役立てることができます。

利用シーン
施設管理、人数集計、レポート

規模
利用者:約50人
データ容量:約数千レコード

利用技術/形態
FileMaker Server構築、旧ファイルメーカーからの再構築

研修情報システム

【画像】
研修情報システムイメージ

海外から来日する研修生と受講研修コースの情報を管理しているシステムです。基幹システムと連携してFileMakerServerによる自動データ取込みを実現しています。収集した情報の共有、進捗状況にあわせた情報の更新および多種多様な帳票の出力によって研修業務を効率化しています。

取り扱うデータ量としては基幹システムに匹敵する規模ですが、FileMakerの特徴を活かし、快適な操作性と迅速な仕様変更対応を実現しています。

また、全国国内拠点からアクセスを可能としており、システム規模及び運用規模において大規模の業務システムとなっています。

利用シーン
研修情報の自動データ取込み、管理、印刷、書出し、全国国内拠点からの利用

規模
利用者:約200人
データ容量:約10万レコード

利用技術/形態
FileMaker Server構築、Active Directory連携、ESS(外部データSQLソース)連携、FileMaker Serverスケジュール構築

人事管理システム

【画像】
人事管理システムイメージ

人事パッケージ製品では対応しきれない、組織特有の業務(注)や制度に対応したFM人事管理システムです。法律の改正や人事制度改革に付随する新たな改修についてもFileMaker以外のプラットフォームと比べて格段にスピーディに対応できるシステムです。

(注)組織特有の業務例
・組織独自の管理項目が多数存在
・ひと月あたりの発令が数百件規模
・複数の兼務が発生
・多角的な統計/集計データの表示や出力
・多種多様な帳票レイアウト

利用シーン
個人情報管理、発令管理、勤怠管理、考課(人事評価)管理、集計・統計データの出力、Excelデータの取込、短納期の改修

規模
利用者:約40名
データ容量:約10万レコード

利用技術/形態
FileMaker Server構築、Excelとの連携

アクセス権管理システム

【画像】
アクセス権管理システムイメージ

同一組織複数部署内で、システム管理者が異なる複数のシステムのアクセス権限を管理するためのFMシステムです。

Active Directory連携を使用して、個別システムの管理者が自身のシステムへのアクセス権をWindowsアカウントで制御することができます。アクセス権限管理システムへFMシステムとシステム管理者(Windowsアカウント)を登録することで、個別システムに作成したアクセス権限への紐付けを行います。権限設定はシステム管理者のみ可能で有効期間を指定することもできます。

利用シーン
Windowsアカウントによる共有ファイルのアクセス権限個別管理

規模
利用者:10人
データ容量:1MB

利用技術/形態
FileMaker Server構築、Active Directory連携

旅行業務基幹システム

【画像】
旅行業務基幹システムイメージ

本システムは、国際航空券の予約時に主要CRS(Computer Reservations System)から予約データとの連携を行い、業務渡航に必要な手続き業務(見積書、行程表、請求書の発行)を効率化するための一連のシステムです。経理業務機能には、売上管理、仕入管理、売掛金管理、未入金管理などがあり、経理(ERP)システムともデータ連携しています。

本社および支店間のネットワークが接続されている場所以外の出先機関からもVPN経由でシステムへアクセスし、データの閲覧、更新を行っています。

利用シーン
基幹システム、訪日旅行者受入業務、海外渡航者派遣業務

規模
利用者:70名
データ容量:約20万レコード

利用技術/形態
FileMaker Server構築、Active Directory連携、VPN接続、ERP連携

渡航/送迎システム

【画像】
渡航/送迎システムイメージ

海外研修生の渡航手続きや、空港、宿泊場所への送迎手続き業務を効率的に実施するためのシステムです。

本システムが導入される前は、Excelで手入力する必要がありましたが、本システム導入したところ、基幹システムの研修生と研修コースの情報が自動で反映され、入力項目を可能な限り選択式にすることで手入力作業の最小化を実現しました。また、基幹システムのデータが自動で反映されることから、氏名などの誤入力の防止にも役立っています。

利用シーン
海外研修生の渡航手続き、空港、宿泊場所への送迎手続き

規模
利用者:約200人
データ容量:約3千レコード

利用技術/形態
FileMaker Server構築、Active Directory連携

貸出PC管理システム

【画像】
貸出PC管理システムイメージ

利用者によるPCの予約申請、管理者による予約、予約調整、貸出と返却まで、PC貸出の一連業務を効率的に実施するためのシステムです。

予約の際には、予約可能であればPC割当を、予約に空きがなければキャンセル待ち状態のように、自動で判別します。また、予約したPC毎に利用する案件名や講習名などを視覚的にカレンダー表示します。また、貸出実績をデータ書き出しすることによって自由度の高い分析を行うことも可能です。

利用シーン
貸出PCの予約申請、申請書作成、貸出と返却の管理、実績管理、データ分析、Word文書やExcel管理表に代わるシステムとしてFileMakerを活用

規模
利用者:約100人
データ容量:約1万レコード

利用技術/形態
FileMaker Server構築、Active Directory連携、機材貸出管理

受注システム

【画像】
受注システムイメージ

旧パッケージからFileMakerでのシステム再構築の実績となります。当社は要件定義フェーズからシステムの機能検討に参画し、旧パッケージにおける課題、組織における課題などを洗い出し、業務・組織により適したシステムの構築を行いました。

本システムの特徴としては、デザインに重きをおくとともに操作性を重要視したユーザインタフェースと強力な入力支援機能により、ミスのない処理を可能にしました。各担当者の事務作業時間が削減されたことで部門全体の業務効率の格段に向上させました。さらに、業務に影響する重要な項目の更新毎にログを記録する等ログ機能も充実しています。このことは、データの機密性完全性を確保するための対策としてセキュリティの確保に役立っています。

利用シーン
営業支援管理(顧客管理、案件管理、見積管理、契約管理、売上管理、請求管理)

規模
利用者:30名
データ容量:約5万レコード

利用技術/形態
FileMaker Server構築、旧パッケージからの再構築