製品別ソリューション

FileMakerカンファレンス2013にて、点呼・出欠管理ソリューション「Ready Go」のデモを実施しました。

2013年12月20日

【写真1】

「ReadyGo」に熱い視線を注ぐファイルメーカー社Bill Epling(ビル エプリング)社長

「FileMakerカンファレンス2013」が、2013年11月 27日(水)から3日間、東京コンベンションホールにて開催されました。当社は、ショウケース会場にて、点呼・出欠管理ソリューション「Ready Go」のデモンストレーションを行い、数多くの来場者にご覧頂くことができました。当社ブースにお立ち寄りくださった皆様にこの場をお借りして改めて御礼申し上げます。

今回出展しました「Ready Go」は、iOS端末上でバーコードスキャンを行い、点呼・出欠情報を簡単かつ確実に集めることができます。「Ready Go」は、FileMaker Proを搭載したPCと、FileMaker Goが設定されたiOS端末が1台ずつあれば使用でき、バーコードリーダのような専用機材を用意することなく、安価なコストで導入できるのが特徴です。

【写真1】

「Ready Go」スクリーンショット

当社ブースにお越し頂いた皆様からは、次のようなご感想を頂きました。
・点呼状況を確認しながら電話をかけられるのが便利
・社内イベントの出欠確認に使いたい

また、次のようなご要望も頂きました。
・バーコードを連続して読み取りたい
・読取にかかる速度を向上してほしい

これらのご要望につきましては、2013年12月4日に発売されました「FileMaker 13」シリーズの標準機能を有効に利用し、さらなる改善を図っていきます。

国際協力データサービスは、今後もお客様のご意見・ご要望を真摯に受け止め、より優れたソリューションを提供してまいります。

※ マイナビニュースにて「Ready Go」を取り上げて頂きました。ぜひとも合わせてご参照下さい。

関連情報

お問い合わせ

お電話の場合:03-5276-7051(平日9時30分から17時30分まで)

フォームからのお問い合わせはこちら